当店では実績・信頼度No.1の英国バッチセンター、ネルソンバッチ社製の純正バッチフラワーレメディを取り扱っています
ご注文専用フリーダイアル(TEL & FAX)  0120-014-097 ( 携帯電話からはつながりません )

新刊書籍の紹介

花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典

ドイツ人医師ゲッツ・ブローメ医学博士のバッチフラワ−レメディによる治療体験から得られた知識の集大成

 

 

著者名  ゲッツ・ブローメ著
     岩田−シュミーク 明子訳
出版社  東京堂出版
     〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1−17
     電話 03-3291-5181
    A5版 492P 定価4,900円
    2003年3月発行
    ISBN: 4-490-10615-7

【著者略歴】
ゲッツ・ブローメ医学博±
ドイツのポン夫学とフライブルク大学で西洋医学を学びリウマチと脈管学の専門医となる。その後バッチフラワ−レメヂィーをはじめ、ホメオパシーや鍼灸などの自然療法に目を開かれ、自然療法医とし開業。25年以上に
わたってバッチフラワーレメディーによる治療を続けている。現在、自然療法院を経魯し稼がら、国肉や海外
でバッチフラワーレメディーの普及に努め、著作家としても犬きな成功を収めている。
【訳者略歴】
岩田一シュミーク明子
立教犬学文学部キリスト教学科卒業後、同大学院文学研究科修士課程、博士課程を経て、ハイデルペルク大学神学部に留挙。宗教心理学および比較宗教学を学ぶ。
訳書に、エイザペート・リュックハイデ著「癒すカはあなたの胸に一ガン回復物語一」(春秋社)がある。
ドイツ在住。心理カウンセラー。


第1章38種類のバッチフラワ−レメディの詳しい解説とタイプ別の医学的・心理的分析
第2章 効力の発揮される領域をひろげ、より正確で効率的なセラピーのための、重要なれメデイィの組み合わせ
第3章日常的な問題や症状に関するセラピーのための辞典と、レメディを実際に使用するための詳しい指示

 

花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典からの抜粋 「岩田−シュミーク 明子訳者 あとがき」

 訳者あとがき


 本書の著者ゲッツ・ブローメ博士は,ボンとフライブルクで西洋医学を学んだ後,リウマチと脈管学の専門医として病院勤めをしていたとき・錬灸やホメオパシー,バッチフラワーレメデイ一といった自然療法に興味を抱き・いまから約25年前に自然療法医として働き始めました。
 本書はバッチフラワーレメデイによる治療体験から得られた知識の集大成であり、現在でもドイツ語圏をはじめ,英語圏、スペイン語圏、フランス語圏、ロシア語圏でたいへん大きな反響を呼んでいる本です。彼には,本書を含めてバッチフラワーレメティーに関する本が4冊自然療法にする本が2冊・詩集が2冊あり、著作家としても大きな成功を収めています。
  現在は治療や著作活動と平行して・ドイツ国内や海外びツチフラワーレメディの講演活動に従事したり、彼が経営してししている自然療法院で各種の講座を開いてセラピストの養成に携わっています。
  ドイツでは,医師や自然療法、心理療法士といった病気の治療が許可されているプロの治療家のあいだでも,バッチフラワーレメディーが他の薬と併用して使われ始めているため,その講座には,プロの治療家のための特別コースがあるほか、一般者向けと治療家のためのホメオパシーのコースもあります。
 
  さて,本書の特徴は,
  自己理解を深めるための心理学的な知識(第1章)
 エツセンスの重要な組み合わせ(第2章)
  日常的な問題や症状に関する事典(第3章)という、章から構成され、様々な観点からエツセンス選びに不可欠な知識が得られる点にあります。バツチフラワーレメディが目指す最終的なゴールは,病気そのものを治すことではなく、病気の原因と考えられる・魂あるいはハイアーセルフ(高次の自己)と本来の姿を忘れてしまった人格(低次の自己)とのあいだの不調和や分離を修正し,人生における使命を見つけて,成就するための道を整えることにあります。それは,私たちの魂がもっている優しさ・確信・勇気・誠実,知恵,喜び,充実感といった理想的な属性を人格の中に実現することでもあります。本書はそのような観点を踏まえたうえで,
バッチフラワーレメディーを使い始めたばかりの方に必要な基本的知識から,既に何年も実践している方や,セラピーの質をより充実させたいと思っている…セラピストの方たち,またはプロの治療家の方たちが必要とするような新しい知識まで,様々な観点から得られるよう工夫されています。
  また,著者の前書きにもあるように,本書を読み進めていくだけで,自分がどのような課題の前に招かれているのかがはっきりとわかり,心のモヤモヤが消えてしまうことがよくあるでしょう。従って本書の特徴は,バッチフラワーレメディーの驚くほど豊富な活用方法を紹介した事典としても,“自己理解を深めるためのすぐれた手引き”としても活用できる点にあります。
 バッチフラワーレメディーによって,表面的な問題が解消され,古い心の傷が癒されていくと,魂あるいはハイアーセルフと人格とのつながりはより強くなり,本書に繰り返しでてくる“喜びの感情”または“生きる喜び”がどのような状態なのかを実感することができるようになるでしょう。
  物質文明に強く制約されている私たちは,とかく外的状況が整わないと不幸になり,欲したものを手に入れたときにだけ喜べるのだと思いがちです。しかし,本書で強調されている“喜びの感情”あるいは“生きる喜び”は,そうした刹那的な自己満足の結果から生じる感情ではありません。それは,外的状況に左右されることなく心の内から溢れ出てくる感情で,すべての人間に共通に与えられた,生命の尊厳に触れたときに感じる至高の喜びのことなのです。それゆえ喜びの感膚は,たいへん安定した心の平安と無条件の愛に向かう扉へと,常に私たちを導いてくれることになるでしょう。
 たとえどんなに日常生活がストレスにあふれ,不安や悩みに押しつぶされそうな状況にあっても,一瞬立ち止まって自分の内面に目を向け,内なる声に耳を傾ける時間と場所は,誰のためにも用意されています。私たちに必要なのは,ほんの少しの勇気と集中力だけです。エッセンスを選ぶときに,自分がどのような状態にあるのかを知ろうとすることがすでに自分を愛するという行為の始まりであり,自分の内に眠っている本来の自己と出会うための準備作業なのです。
  それは同時に,尽きることのない生きる喜びの源泉を・自分の心の中に探し求める内なる旅の始まりを意味しています。
  本書がそんな冒険に満ちた宝探しのための地図帳としてひもとかれ,ひとりでも多くの方の心に生きる喜びと平安が訪れることを,そして病気で苦しんでいる方や深い悩みをもたれている方の心に,生きる希望の光が再び灯されることを願ってやみません。それぞれが置かれた状況のなかで,心に深い愛と平安を蘇らせることが、たとえ遠回りに見えても,世界が平和へ向かうための大切な前提条件になると思うからです。
(略)
    2002年10月 ドイツにて
                  岩田一シュミーク明子

 

花の力で癒すバッチフラワーエッセンス事典 本文からの抜粋 「はじめに」「本書の使い方」

 はじめに


 近代科学に基づいた今日の医学が,身体の病気に対して偉大でかつ華々しい成功を収めたことに疑問の余地はありません。しかし,人間の心の苦悩は,それによって根本的に和らぐことができたと言えるでしょうか。むしろ心の苦悩は,攻撃的な科学的一技術的治療を受けることで深まったようにさえ見えます。
身体に現れた症状は,これまでのライフスタイルを修正する必要があるというメッセージです。このような治療方法によって力ずくで症状が取り去られてしまうと,症状はメッセンジャーとしての役割を奪われてしまいます。人はメッ
セージを症状から読み取るチャンスを失い,そのメッセージはその人のなかで引き続き抑圧されることになるのです。
 今から60年以上前,人間の内面とは関わりのないこうした医療が発展していくなかで“バッチフラワーレメディー”は,イギリスの著名な医師であり,細菌学者であったエドワード・バッチ博士によって編み出されました。感情や精
神状態が重要な要素として組み込まれているこのセラピーが,こうした時代にあって目覚ましく普及するようになったのも驚くにあたりません。
 バッチフラワーレメディーは,身体的症状を問わず(問題にするとしても二次的な意味でのみ),そのとき表面に現れている基本的な心の状態を何よりも優先します。バッチフラワーレメディーは,身体に現れている症状ではなく,内面に現れている否定的な感情や精神状態を手がかりに,人々の心を通して癒しを実践していきます。

 バッチ博士には,病気と心の状態を関連づけるという極めて稀な考え方を裏付けるだけの,れっきとした根拠がありました。彼は人問性を重視する新しいセラピーを模索しているうちに,近代医学でこれまでほとんど顧みられなかったある現象に出くわしたのです。それは同じ身体症状を患っている複数の人たちが,人格構成や心の状態に応じて,それぞれまったく違う精神状態にあるとし)うことでした。
 例えば,動揺しているか/無感心であるか,人からの慰めを必要としているか/人と距離をとろうとしているか,死に対する不安を抱いているか/むしろ憧れをもっているか,不平ばかり漏らしているか/感謝する姿勢があるか,といった内面の状態が,それぞれの人格に応じて,外側に現れた身体全体の痒状に,その意味を個別的に示していることになります。
 例えば,ある患者の特徴を従来の身体的症状を優先する方法では次のように表現することができます。“Aさんは,体温が×x度で,ひどい下痢をしており,激しい発汗もある。検査室からこれこれしかじかの数値が示されており,1の特徴を次のように表現することができます。“Aさんは,悲しそうで苦痛に満ちた表情をしており,声は小さく,取り返しのつかない浪費の結果に悩んでいて,死にたいと思っているような印象を受ける。”また,Aさんと同じ身体症状のBさんは,“話しぶりが大袈裟で,人に構ってもらえず寂しさを感じていて,慰めを必要としているように見え,時々ふてくされることがあるが,話しているときはびくびくしていて落ち着きがない………それに加えて熱があり,ひどい下痢の症状がある”といった具合です。

 このようにバッチ博士は,身体的な症状が同じでも,同じ病気として扱いません。なぜならば,Aさんは,取り返しのつかない借金のため人生に終止符を打たんばかりの状態であるのに対し,Bさんは,暖かな愛情をどうしても手に景となっている内面の状態に目を向ける必要があるのは当然のことだと考えました。心の状態を無視すれば,非人格的で客観的な,要するに意味関連のない寄せ集めの症状をばらばらに扱うことになるのに対し,内面の徴候に注意を払えば,それを通して病気が伝えようとしている意味を理解し,苦しみを抱える生身の人間として患者を真の意味で助けることができるからです。
 バッチ博士は,心の状態と病気の関連を,“人格(低次の自己)”と“ハイアーセルフ(高次の自己)”のあいだの葛藤という視点から説明し,生存競争の過程でトラウマを負ってしまった精神やノイローゼ状態の精神を“人格”とし,人間が本来もっている自己治癒力の源泉としての魂を“ハイアーセルフ”と表現しました。精神が癒されることで,“人格”と“ハイアーセルフ”のあいだに再び統一性が蘇れば,人は自然に健康な状態になると考えたのです(この関連につし)ての詳しい説明は,私の著書『MitB1umen hei1en(花で癒す)』に詳しく載っています)。表現は違っていても,現代の心身医学も基本的にこの考えに同意しています。しかし心身医学が,主に意識化もしくは反応の条件づけによって,精神的葛藤の解決を目指しているのに対して,バッチフラワーレメディーは,セラピーに38種類の花から作られたエッセンスを使います。これらのフラワーエッセンスはそれぞれ,細かく定義された精神の否定的な症状にひとつずつ対応し,科学的にはまだ解明されていませんが,精神の障害を軽減したり,取り除いたりすることが実証されています。

 フラワーエッセンスによる効果は,その人固有の“人格”に理性的にアプローチすることでさらに高まります。そのため本書では,身体的症状と深層心理との関連に非常に重点が置かれています。本書を読んで,心の背景にある葛藤にはっきりと気づき,  エッセンスを飲む前に  問題が解決され,癒されたと感じることもあるはずです。もちろんフラワーエッセンスが症状に正確に当てはまった場合に,効果は更に促進されるでしょう。
 バッチフラワーレメディーによる素晴らしい効果が次々に報告されていますが,このセラピーも当然のことながら万能ではありません。治癒という現象は病気と同じように,人間の手で勝手に定めることのできない運命をその本質に含んでいるからです。患者が,再び健康になるよう定められ,タイミング・心の状態・セラピスト・エッセンスの選択といった重要な要素が,理想的な方法で相互作用したときにのみ,治癒という現象は起きます。また,時と場合によってふさわしいセラピーは異なります。すべての人を治療できる万能の医学などありませんし,今後もあり得ないでしょう。従って,セラピーの結果に満足できない場合,別の方法も試してみる必要があるしょう。バッチフラワーレメディーの場合は特に,ホメオパシー(同種療法)との併用がたいへん効果的です。

 バッチフラワーレメディーは,精神的な症状を改善し,ハイアーセルフ(魂)と人格とのあいだの葛藤を克服するために使われますが,精神が原因で生じた身体の苦痛や症状を緩和するために使うこともできます。子供には特に効果があります。またフラワーエッセンスは,精神と身体に調和をもたらすのに適しているので,身体症状の治療を補うために頻繁に使われますが,これらのエッセンスによって精神的に弱い点を長所に変えたり取り除いたりできるので,日常の健康管理や生活の質の向上,心の浄化のために役立てることもできます。
 たとえば,いつも腹を立てていたり,攻撃的な人はホリーの助けを借り,落ち着きがなく神経質な人はインパチエンスによって,自己顕示欲の強さに悩まされている人にはヘザーで,極度の恐れを抱いている人はミムラスによって,憂うつな感情に支配されている人はマスタードの助けを借ります。困難な状態に陥る頻度を少なくすることができますし,問題がすっかり解決されることもあるでしょう。もちろんそれは,精神ばかりではなく,身体にもプラスの効果が及ぶことを意味しています。

 以上のことを踏まえた上で,非常に重要なことを最後に記しておきたいと思います。精神面での目立った特徴は,すべてが病的であるということではなく,そうした特徴に対して癒しが必ず必要だというわけではないということです。
際だった性格の特徴が,その人の個性を形成している重要な要素である場合もあるからです。ある人が  内面の葛藤,欲求不満,うつ状態,自己否定,あるいはその人を取り巻く環境による困難などによって  苦しんでいる場合にのみ,癒しは必要になります。

 本書の使い方

 本書は3章から成り立っています。
 第1章は,バッチフラワーレメディーの基本となる38種類のフラワーエッセンスについての詳しい解説にあてました。
 
38種類のエッセンスは,それぞれ典型的な精神の特徴と障害に関連があります。これらの精神的特徴と障害はさま
ざまに異なる症状として現れるので,これを要約して“症候群”としました。
 また,医学的・心理学的分析を新たに取り入れることで,38種類のタイプがそれぞれどのような素質をもち,理想的にはどのような状態でありうるのか,また健康な道を逸脱してしまったときにはどういう症状が引き起こされる可能性があるのかを明らかにしました。
 人は生まれつき個別の精神構造をもっていて,それが感情,思考,行動を決定づけます。精神構造はバランスを保ちながら発展していくこともあれば,バランスを崩し,生まれつきの素質が変わってしまうことさえあります。心身症もしくは身体的症状が引き起こされる可能性が出てくるのは,そのような場合です。
 バッチフラワーレメディーの強みは,バランスが崩れ“ねじれて”しまった内面に再び調和をもたらす点にありますが,その結果として,  精神的な間題が原因で引き起こされた  身体の症状が癒されるという現象がよく見られ
ます。もちろんこれは,フラワーエッセンスの服用後,他の本によく書かれているように,絵に描いたような理想化された健康状態に一変するということではありません。
 すでに評価の定まった古典のバツチフラワーレメディーは,確かにほぼすべての人間の精神的特徴を網羅していますが,人問の内面は矛盾を含んだ複雑なものなので,1種類のエツセンスでは対処しきれないことがあります。特に病気の場合は,複数の異なる性格障害や行動障害が“相互作用”していることが多いので,数種類のエツセンスを組み合わせて使わざるを得ないでしょう。

 第2章では,そういった場合に必要かつ最も重要なエッセンスの組み合わせを詳しく説明しました。
 
第1章にもエッセンスの解説の終わりに,それぞれ重要な組み合わせをかいつまんで載せました。エッセンスを組み合わせることによって効力の発揮される領域が新たに広がり,より正確で効果のあるセラピーが期待できるうえ,性格一行動障害を理解するための新しい展望も開けることになるでしょう。
 エッセンスの組み合わせは,アルファベット順で,それに対応する表示番号(次のぺ一ジの一覧表参照)に従って配列されています。2つのエッセンスのうち,はじめに記されているものの英名頭文字,あるいは番号によって掲載箇所がわかります。例えば,チコリーChicory/ヘザーHeather(No.8/14)という組み合わせは,“C”という頭文字か,“8”という数字を目印にさがし当てることができます。

 第3章は,セラピーのための事典として活用していただきたいと思います。
ここでは,見出し語に従って,エッセンスを実際に使用するための詳しい指示を載せました。この事典を使えば,どのエッセンスが症状に適しているかについての指示を様々な側面から知ることができるでしょう。この章は人間の直面する多くの問題を理解し,解決するための示唆に富んでいます。

 


信頼の証


バッチ博士のロゴサイン

花のロゴマーク
このロゴマークのある製品だけが
英国バッチセンター、ネルソンバッチ社で製造された
純製品のバッチフラワーレメディの証明です

i-bach.com 販売ポリシー
   
誰でもが手軽にバッチフラワーの素晴らしいコンセプトを理解して実際にご利用いただくために厳選した商品情報の提供。
新鮮な商品をご提供するために迅速仕入れ。
新鮮な商品をお届けするために迅速発送。
午後2時までのご注文で在庫のある商品は即日発送。
お気軽にお買い物を楽しんでいただくための安心注文
ご注文専用フリーダイアル(TEL & FAX)  0120-014-097
セール・キャンペーン商品は思いきった感謝価格でプライスダウン。
ショッピングカートはお客様のプライバシー情報保護のためSSL暗号化通信
お買い物ガイド




お届け方法は4方法
クロネコヤマト代引 (お届け時間帯の指定ができます)
クロネコ@ペイメント (お届け時間帯の指定ができます)
クロネコヤマト宅急便で郵便振替 (お届け時間帯の指定ができます)
定型外郵便で郵便振替 (お届け時間帯の指定はできません)





お支払い方法

クロネコヤマト代引は商品配達時に配達のドライバーに直接お支払い下さい。
クロネコ@ペイメントはネット上でのクレジットカードでのお支払いです。
クロネコヤマト代引、クロネコ@ペイメントのご利用手数料はお客様負担となります。
クロネコヤマト宅急便で郵便振替・定型外郵便での郵便振替手数料は無料です。
商品到着後の後払い・振替手数料無料

送 料
1件一律600円、10,000円以上で無料です。
 


SSL対応機能ショッピングカート
ショッピングカートは、お客様のプライバシー情報保護のためSSL暗号化通信を実現しています。安心してお買物をお楽しみいただけます。

   今日もこころ元気に営業中!        
 バッチフラワーレメディに精通した 専門スタッフが あらゆるご質問お問い合わせにおこたえいたします!
 お問い合わせ、ご相談は、
info@i-bach.comまでお気軽に。